特集☆ペンギングッズ通販6サイト

トップ > ペンギングッズの情報 > ペンギングッズを製作する場合のポイント

ペンギングッズを製作する場合のポイント

 ペンギンに関するグッズを製造したいと考えた場合、まずデザインから考えることをおすすめします。
どんなデザインにしたいのか、社内でアイデアを出し合い、デザイン画を複数用意しましょう。
ペンギンに関するグッズを製作する場合、どんなグッズを製作するのかによってもデザインかが大きく異なります。
たとえばTシャツであれば胸元にワンポイントでペンギンを入れたらいいのか、シャツ全体に入れるべきなのかを判断することが必要です。
マグカップなどの場合、マグカップのどのあたりにペンギンを入れるのかによっても、大きさや色、柄などが大幅に異なるでしょう。
ペンギン自体をマグカップとするのであれば、取っ手や飲み口、更に大きさまで考えるなど、デザインによってさまざまなアイデアが必要となります。
複数のデザイン画の中から、どれがいいのか会議で決定し、製作会社に依頼してください。

 製作するためのアイデアがまとまり、ある程度のデザインを決定することができたら、製作するときの予算を把握しましょう。
予算の内容によっては通常よりもはるかに高額となる可能性もあるからです。
高額となるかどうか予算を確認して、納得出来るアイテムを製作するための予算を確保しなければなりません。
製造する場合、製造する数によって予算の範囲が異なります。
予算内に納められるようにするためには、絶対数を少なくするか、低価格で出来上がるグッズに仕上げるかどうかが必要となるでしょう。
製造するグッズの種類によっては通常よりも割安な価格で手に入れられるといわれているため、参考にしてください。
また、デザインだけではなく使用するカラーによっても多少価格が異なります。
使用する数が少なければ少ないほど、割安な価格で提供されているといわれているため、参考にしてください。

 予算とデザインが決まり、納得出来る数を製造可能となっていれば問題ありませんが、できる限り多く作れるようにするのか、あるいは生産数を少なくするのかなども社内で相談しましょう。
特に大きなポイントとしては、清算するグッズを複数にするのか、大きさによって分けるのかです。
大きさによって分ける場合には、大きな物を1つ、それ以外のものを小さめに作ることによって、キャンペーン時の抽選用グッズが完成できます。
また、グッズの種類によっては大きさだけではなく、色違いを作っておくことで、グッズにレア間を持たせることも可能です。
それぞれの違いを把握し、社内で会議を依頼して確認することで、魅力的な自社グッズを完成できるといわれています。
特に大きなポイントとしては、自社で誰をターゲットとしたものを完成させるのかです。

次の記事へ

ページトップへ