初めての方必見☆エンドロールムービー製作業者

ホーム > エンドロールムービーについて > エンドロールムービーの使い方がポイント

エンドロールムービーの使い方がポイント

結婚式の映像演出で定番となるエンドロールムービーですが、参加してくれたゲストへの感謝の気持ちを伝えることができたり、披露宴のお開きを明確にするために締め括る演出にもなっています。
最近では、当日撮影した映像にゲストの名前を流す演出が定着していますが、使用する写真に関しては、自分が持っている写真を使用するタイプより、式当日の様子をカメラマンが動画撮影して上映する、撮って出しタイプが定着しています。
内容としては、式当日のメイクから挙式、披露宴のお開き間際までの動画をスピーディーに編集し、上映する内容です。
ゲストとしては、BGMにのり、映画みたいに仕上げられ、なおかつ自分の名前も上映されることもあり、会場に歓喜の声が上がります。
しかし、撮って出しエンドロールムービーに涙するゲストが最近では少ない声も上がっています。
その理由の一つが、結婚式といえば撮って出しエンドロール、という流れが定番化していることにあるようです。
お開き直前に照明が消されれば、エンドロールが始まるという雰囲気がすでに作られています。
披露宴に参加する回数も少なくないようで、映像を見ても反応は薄く感じるゲストの声も聞かれます。
当たり前の演出では飽きられる、この点がポイントのようです。


エンドロールムービーを流すにしても、新郎・新婦の悩みどころは、予算というのもあるようです。
撮って出しの魅力は、式の様子を直ぐに見てもらえることですが、カメラマンやカメラも必要、さらに機材を持ち込むのであれば、掛かる費用の負担も大きいようです。
相場も、外部業者ならば8万円ほど、会場提携では20万円とも言われています。
これはピンキリで、上映時間も数分程度のダイジェスト版とすれば、費用も安くなります。
撮影映像はプロのカメラマンに任せるため、依頼する費用も振り幅があるようです。
また、カメラマンの場合には、ダイジェストで安く制作してしまうと、音声が入らず、記録用としたいビデオ代わりにはならない難点もあります。
映像演出以外にもお金が掛かるので、節約したい新郎・新婦も少なくはないでしょう。
けれど、飽きられる映像に仕上げるのは避けたい、できるなら思い出に残るムービーに仕上げるのが理想でしょう。
ブライダル専門で活躍するカメラマンによれば、撮って出しタイプを推す業者の意図が読めない、こうした声を上げています。
撮って出しエンドロールを請け負う業者は、ギリギリまで撮影をすることに力を入れてくれます。
それは、新郎・新婦の要望によるものですが、大半は、披露宴の再入場ぐらいまでの映像を撮影しているようです。
今や、スマホで写真や映像を撮るゲストばかりで、数十分前まで参加していた映像を見て感動するゲストは少ないようです。
大事なのは、感動する映像、編集技術など、感動的な内容へと変遷させる必要がありそうです。


エンドロールムービーも、最近では専用ソフトによって1万円ほどの予算で、しかも新郎・新婦の手によって作ることもできます。
もちろん、業者に発注することも可能で、撮って出しではないエンドロールムービーはおすすめです。
また、似た映像演出には、プロフィール映像があります。
そこで使用する写真よりも、フレンドリーな写真をあえて使用することで、心が温まる、ほんわかと和める、ゲストに感謝を伝えられる映像へと仕上げることができます。
撮って出しエンドロールのように名前を流すだけより、当日のゲストの顔写真を撮っておき、それとともにメッセージを書き添えて制作するエンドロールムービーもジワジワ人気を集めています。
こうしたエンドロールムービーならば、ゲストが喜んだり、はにかんだりが多いようです。

次の記事へ

先頭に戻る